協議会
  • 幹事からのメッセージや挨拶
参加申込
  • 参加申し込みはこちらから
立地マップ
  • 起業や地域課題の解決事例を検索
事例紹介
  • 起業や地域課題の解決事例インタビュー
動画紹介
  • 過去に開催されたイベントやセミナーの模様
物件紹介
  • 空き家バンク制度や廃校活用事例
支援制度
  • 起業や地域課題解決のための支援制度

取組内容

構想推進に向けた主な取組内容「令和4年度事業計画」

「シリ丹バレー推進協議会」(令和4年2月設立)では、地域初イノベーションの創出に向け、以下の構想の4つの柱に基づき事業を展開します。また、事業のテーマ別プロジェクトである3つの分科会の活動を推進していきます。


第1の柱:ネットワークの形成、交流・協業の促進

(KPI:シリ丹バレー推進協議会の参画企業等の数 現行:20 → R7:300[累計])

■ シリ丹バレー推進協議会参画企業等の拡大

→ 企業・団体・大学・個人等への参画呼びかけ等

■ 協議会内に3つの分科会(テーマ別プロジェクト)を設置・運営

→ ①女性起業家ネットワーク、②スマートコミュニティ、③コワーキングスペース・ネットワーク

■ 広報活動の強化

→ 協議会HPのリニューアル・多言語化、参画企業・団体の紹介等

→ 国際フロンティア産業メッセ2022(みなと元気メッセ2022)への出展

→ 他地域イノベーション・エコシステムとの連携(徳島県神山町、舞鶴市*)

*関経連「あっちこっち関西イノベーションプロジェクト」参画

■ メンター(相談者)登録制度の創設

→ 既存の「移住人材バンク」を更新し、①移住者支援、②起業者支援、③両方支援の3カテゴリーに分類

 

第2の柱:地域産業のDX化

(KPI:丹波地域内の企業等が国内外のDX化に関するイベント参加数 現行:1 → R7:10)

■ DXをテーマとしたセミナーの開催

→ みなと銀行・NIRO等との連携により開催

■ IT人材を紹介するマッチングイベントの開催

→ 関西経済連合会「あっちこっち関西イノベーションプロジェクト」との連携により開催

→ ポートランド市振興局が実施するB to Bイベントに県ワシントン州事務所と連携して地元企業参加促進

■ スマートコミュニティー分科会(プロジェクトⅡ)の推進

 

第3の柱:起業・創業・継業の支援

(KPI:経済センサス活動調査における新設事業所数 H28:352  →  R8:500)

■ 起業・創業等をテーマとしたセミナーの開催

→ 関西学院大学との連携により開催(第1回セミナーを7月8日開催)

→ 商工会、篠山イノベーターズスクールとの連携により開催

■ 民間副業的人材の活用

→ 協議会事務局にみなと銀行から副業人材を採用するとともに、企業・事業所等の副業情報を提供する仕組みの整備を検討

■ 資金調達の支援

→ みなと銀行と連携し、クラウド・ファウンディング手数料支援や相談会開催

→ 丹波篠山市福住地区等における特定地域づくり事業協同組合の設立支援

→ 起業・第二創業を目指す起業家向け助成金等の活用(新産業課)

■ 女性起業家ネットワーク分科会(プロジェクトⅠ)の推進

 

第4の柱:新たなビジネスの場・拠点の創出

(KPI:丹波地域のコワーキングスペース、シェアオフィス数 現行:6 → R7:18)

■ 遊休施設におけるシェアオフィス等の整備支援

→ 空き家等の活用に関する県や市町の支援制度を活用

■ コワーキング・スペースや情報通信環境の整備支援

→ コワーキングスペース開設支援事業やIT戦略推進事業(新産業課)の活用

→ 丹波の森公苑アトリエ棟を改修し、コワーキングスペースとして整備(県民生活課)

■ ワーケーションの推進

→ 郷土料理や様々な体験を楽しめ、コワーキングスペースにもなる農家民宿・ゲストハウス等をネットワーク化

→ 食文化ツーリズムプロジェクト及び四季の丹波「コト体験」事業との連携

→ 丹波地域のコワーキングスペース等がひょうごファミリーパックとの提携契約を検討(労政福祉課)

■ コワーキングスペース・ネットワーク分科会(プロジェクトⅢ)の推進